ゾンビ映画で主人公がTシャツ着てるのが納得いかない

だって噛まれたらゾンビになるんですよ。プロテクトしろよやる気あんのか

翠星のガルガンティア2話までの安定感

f:id:trade_heaven:20130417004124j:plain

今期はロボットアニメが3本もあるっていうんで、前期からワクワクしていた。

 

中でもやっぱり一番楽しみにしていたのはガルガンティアで、虚淵玄さんが脚本と知っていたからだ。

 

といっても、僕は虚淵玄という人の作品をそこまで知っているわけではなくて、

いってしまえばニワカなのだけど、まどかマギカとFate/ZEROとPSYCHO-PASSを立て続けに観て、すっかりファンになってしまった。

※放送時ブラスレイターも見てはいたけど、そうとは知らなかった。

 

なんというか、話を二転三転させるのが非常にうまく、一筋縄ではいかない脚本を書く人だなあ、という印象だ。

仕掛けもうまくて、最終回まで見るとまた1話から見直したくなるような計算された構成にはいつも驚かされる。

次はどうなるんだろう?とワクワクしながら次の週を待つ事ができるというのは、とても貴重な事だと思う。

 

というわけでガルガンティアが始まって2話まで放送されたわけだけれども、

やっぱり面白い!

正直ロボットアニメといっても期待していたのとは違うかも・・・?と思わないでもないけど、些細な問題だ。

 

 

 

以下はネタバレ多分に含みます。

 

 

1話のAパート、人類は宇宙空間で謎の宇宙生命体(ヒディアーズ)とひたすら戦争をしており、主人公のレドも戦場で生きるか死ぬかの戦いに身を投じている。

 

レドとチェインバー(レドが乗っているロボットのAI)との会話から、

レドは145000時間戦い続けている事がわかるんだけど、つまりは16歳という事ですかね。

この、16歳とイチイチ言わないっていうのは結構好きかも。

計算したらわかるから、興味ある人だけ計算して、っていうね。 

 

で、この時レドはチェインバーに言う。「故郷ってなんなんだ?」

 

そしてその5分後にヒディアーズとの決戦が始まるんだけど、

劣勢で撤退を強いられる戦いの中、レドが自分の命も顧みず、仲間を助けに戻る姿が描写される。

クーゲルという上官とのやり取りを見ても、戦闘漬けの人生を送ってきたからと言って感情のない戦闘マシーンというわけではなく、情に厚い人物という事がきちんと描かれているんだよね。

 

その後ワープに失敗し、仲間とはぐれて漂流したレドが目覚めたのは、見知らぬ惑星だった。

その惑星で暮らすのは聞きなれない言葉を話す人間たちだったんだけど、

その惑星こそ、宇宙で生活するレド達の祖先が後にしたまま伝説となっていた「地球」だった・・・というのが1話までのあらすじ。

1話から二転三転してますがな。おおーぅ・・!!ってなりましたがな。 

宇宙人とドンパチやるのが主軸のアニメかと思っちゃったよ!

バジュラみたいなやつら出てくるもんだからさー。意表をつかれましたわ

 

引き続き2話では、チェインバーという万能機械を中継してレドとエイミーが言葉を交わし、お互いの情報を交換しあうんだけど、その中で様々な設定が明かされることになる。

 

地球に陸はないという事。どうやら現在の地球にある北極や南極の氷はすべて溶けてしまった模様。

また、人々は船上で暮らしているのだけど、その動力源は海中の「ヒカリムシ」というプランクトン(?)が蓄電している海に落ちた雷の電気を利用しているという事。

石油とかはないんだろうか?全部海ならないのか。

 

そして、エイミーが暮らす船団の名前こそが「ガルガンティア」という事。

予備知識なしで見たので、ロボットの名前かと思っていました・・・

つまりは翠星っていうのは地球の事なんだね。

あと、船団は他にも沢山存在するらしい。

 

他にも、市場では果物が売っているいたり、船上に木が生えているのを見ると、船の上に畑などがあるんだろうか。

 

 

で、その後ガルガンティアは海賊に襲撃されてしまう。

エイミーはレドに助けをもとめ、この先しばらくは地球に留まる事になりそうだと判断したレドは地球人と協力関係を築く事が得策と考えて、それを快諾するんだけど

チェインバーの圧倒的な力で海賊を瞬殺してしまう。。

戦い続けのレドにしてみれば敵は殺すのが当然なんだけど、地球に住むエイミー達には、どうやら刺激が強すぎた様子・・という所までが2話。

 善意(?)でやった事が、相手には脅威にしか映らず・・という所だろうか?

 

 

いやー、面白いっすね!

 

なんというか、描写がとても丁寧なんだよね。

レドにしてもエイミーにしても、お互いは全く未知のいわば「宇宙人」なわけで、

すんなり仲良くされると見ている視聴者は違和感を覚えると思う。

でも、そこはちゃんと説明をつけて無理のないスピードで進めてくれる。

あまりにリアルにやりすぎるとストーリーが進まないので、そこは「チェインバー」というアイテムがうまく調整してくれているわけなんだな。きちっと必要な手順を踏んでくれているというか。

よくできているなーと思います。

すごく安定している感じ。 

 

見ていて思ったんだけど、この「はるか昔に地球を後にした人類が高度な文明を携えてまた戻ってくる」という設定は、よく考えるとタイムスリップものに似ている。

戦国自衛隊ジパング、仁なんかの構図。

僕、タイムスリップ系大好きなんですよ。

 

 

さて、気になるのは今後の展開はどうなるかっていう話なんですけど、

・・・どうなるんですかね?

 

とりあえず公式サイトを見てみると、イントロダクションノベルでレドがカタコトの地球語を話しながら牧草の刈り入れを手伝っているシーンが描かれている。

 

f:id:trade_heaven:20130417004254j:plain

とりあえずこんな感じで地球に溶け込む模様・・・

船上に牧草とかあんのか。

 

虚淵さんなので、きっと予想もしない展開が待っていると期待しているんだけど。

1話でレドがはぐれた銀河同盟やヒディアーズが今後ストーリーにどんな形で介入してくるのか?

すでに予想が難しいですね。

 

毎週月曜は憂鬱だったんですが、しばらくは月曜が楽しみになりそうです。

(僕の住んでいる所では月曜深夜放送なので)

 

 

ちなみに、2話で流れたブルーレイのCM、レドが宇宙後(?)でのみナレーションするやつ、あれ面白いなあ。

凝ってる! 

 

ブルーレイはBOXで売るみたい。Fate/ZEROと同じ売り方だね。

でもオリジナルエピソードが入っているらしいから、これは迷う・・!!

ん、でもBlu-ray BOX は3まである・・だと・・?

え?このアニメ1クールだよね?

 

うーん、Blu-ray BOX1を見ると1~4話+新作OVA1話収録ってことは、5話しか入っていないのか。

 

これはBOXと呼べるのか?とりあえずBOX2と3の詳細待ち・・かな?