ゾンビ映画で主人公がTシャツ着てるのが納得いかない

だって噛まれたらゾンビになるんですよ。プロテクトしろよやる気あんのか

憲法改正とか本気で言っているの?

最近、安倍首相がカイセカイセー息巻いてますね。

 

正直、現状のこの空気、完全に理解に苦しみます。

狂ってる。

恐怖しか感じない。

 

タイトルは釣り気味になってしまいましたが、僕は何も改憲そのものを否定したいわけではありません。

安倍首相が声高に唱える「96条改正」この事に関してを言っています。

 

96条改正、こんなものが議論に上る自体が狂っている。

 

僕はどちらかといえば護憲派ですし、改憲をするにしても今の自民党の改憲案はバカが作ったものにしか見えないので、もっとちゃんとした内容にしてほしいと考えています。

でも、それが本当に国民の総意であるなら、改憲自体は仕方ないのかな、そういう風にも考えています。

 

でも96条、テメーはダメだ。

 

各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする

 

これが96条の要旨ですね。

 

で、自民党はこの「各議院の総議員の三分の二以上の賛成」を「各議院の総議員の二分の一以上の賛成」に改正するよ、と言っているわけですね。

 

このように改正する理由を、自民党は「国民の間で憲法が議論される機会がなかった」とか「憲法は現在の日本の実情に合っていない」とか真顔で語るわけです。

石破、テメーだよ。

 

石破氏の事は結構好きだっただけに、本当に残念です。

 

今自民党が言っている96条改正の必要性というのは、全くもってこれっぽっちも、96条を改正する理由になっていません

 

9条が問題なら、9条の改正を掲げて議論すればよろしい。

日本の実情に合っていないのであれば、その部分の改正を発議して、きちんと三分の二以上の賛成を得ればよい。

 

ごくごく当たり前の、中学生でもわかる理屈です。

 

それを真顔で理由としてあげてくる自民党。

本気でそう考えているとみんな本当に思っているんですか?

 

憲法というのは、「国に対して定められた法律」なんですよ。

国が国民の主権を侵害したり、国が国民の総意に反する政治を行わないように、国に対して定められた「国は、ちゃんと国民の事を考えて政治を行ってね」という法律なんです。

 

それを、国が、政治家が、「三分の二以上の賛成を得られるアイデアが出せないんで、半分でいけるように仕組みそのものを変えるわ」って言ってるんですよ。

 

国会議員は三分の二以上の賛成を得られるアイデアを考えるのが仕事なんです。

 

三分の二以上の賛成も得られないようであれば、それは必要な改正ではないんです。

本当に必要な改正であれば、きちんと説明をし、三分の二以上の賛成を得るように努力しなくてはいけないんです。

 

学校の教室を思い出してください。

 

学級委員長が「多数決をとりまーす。賛成の人、手を挙げてくださーい」といって、半分しか手が上がらなかったとします。

それは、総意と言えますか?

二分の一というのは十分な数なのでしょうか?

 

 

ドイツは50回以上改憲している、なんていう人もいます。

 

しかし、それは三分の二以上の賛成を得た上での改憲です。

三分の二以上の人間が「必要だ」と判断した改正が50回以上あったという事です。

それは、充分な議論がなされたからだと思います。

 

 

改憲の話になると、やれ中国や韓国の話を出して、戦争になったら、とか先制攻撃をしかけられたら、という話にもっていく人がいます。

 

96条は、そんな話とは全く別の話なのです。

政治家が政治を放棄するのに等しい、少なくとも国民の方を向いた政治をしなくなる宣言と同じなのです。

 

海外に自衛隊を派遣する必要が本当にあるなら、三分の二以上の賛成を得ればよい。

自衛隊を国防軍にする必要が本当にあるなら、三分の二以上の賛成を得ればよい。

核武装の必要が本当にあるなら、三分の二以上の賛成を得ればよい。

 

三分の二の人間の同意すら得られないのであれば、それは「本当に必要であるとは言えない」事なのです。

 

 

繰り返します。

96条の改正が議論に上がる時点ですでにおかしいのです。

狂っているのです。

三分の二以上の賛成を得られないような事をやるよ、という政治家の姿勢なのです。

 

改憲の必要性を説きながら、まず三分の二以上の賛成が得られるか試すことすらせず、まずハードルを下げる事から行おうとする。

それが何を意味するのか。

 

 

徴兵制の話や核武装の話、戦争の話になると鼻で笑う人がいます。

現在の自民党にそんな気はなくても、いつか政治家がそんな気を起したときに、あっけなくそういう内容に憲法を改正する事ができる。

そういう力を国に与えるのが96条の改正なのです。

 

僕の考えに同意できなければそれはそれで全く構いません。

 

同意はしなくても結構です。ですが、一つだけ考えてください。

96条の改正は何のために必要なのでしょうか?96条を改正したのちに改正される憲法は、三分の二以上の賛成を得ずに改正する必要のある憲法なのでしょうか?

 

僕は熱心に勉強したわけでもありません。

何か考えに足りない部分があるのかもしれません。

もしそうなら、是非何が足りないのか、僕に教えてください。

96条改正に動いている自民党は危険ではないのだ、国民の事を考えて政治を行っているのだと僕を安心させてください。

 

是非、お願いします。