読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゾンビ映画で主人公がTシャツ着てるのが納得いかない

だって噛まれたらゾンビになるんですよ。プロテクトしろよやる気あんのか

元ヤンキーとか元不良、みたいなタレントは消えてほしい

雑感

f:id:trade_heaven:20130512172623j:plain

 

小5で学校に放火、小6でバイク泥棒、中1で校長をブン殴る……“ゴマキの弟” 後藤祐樹の告白

http://netallica.yahoo.co.jp/news/20130508-00000306-nkcyzo

 

この記事読んで、本当にムカついたんですよね。

 

「昔の自分は確かにロクでもない不良だったけど、今は心を入れ替えてやり直そうとしている。」

 

こういう人間には本当に消えて欲しい。

死ねとまでは言わないが、社会からひっそりと消えてほしい。

 

ゴマキの弟に直接恨みはないですけど、心底不愉快です。

 

宇梶 剛士という俳優だかタレントだかがいますが、彼が以前テレビで不良か何かを説教していて、「俺は罪を償ったよ!更生したよ!」などと言っていた事があります。

 

彼に聞いてみたい。

あなたの罪は少年院に入ったくらいで消えると本当に思っているのか。

 

ヤンキー先生なんて呼ばれている義家弘介にも教えてやりたい。

あなたの事をテレビで見るだけで吐き気を覚える人間がこの世にはいるという事を。

 

 

僕の言う事は非常に極端だという自覚はあります。

誰でも同じように考えるとは思っていません。

僕がこういう考えを持つに至ったのは、僕個人の経験による物が大きいからです。

 

 

 

僕には、兄がいます。

兄は小学校から中学校まで、壮絶なイジメを受けていました。

 

兄が中学を卒業するまでの5年間は、本当に地獄でした。

兄だけではなく、僕も両親も地獄を味わいました。

 

イジメの原因は、兄が小学校の時にクラスの女子を好きになったことが原因でした。

小学生が女子を好きになって、それが周囲にバレるなんていう事はよくある事です。

 

ただ、相手の女子がクラスのマドンナのような存在だったようです。

後々芸能界にすすんだので、かなり目立つレベルの美少女だったのではないでしょうか。

 

そんな女子の事が好きという事で、最初はからかわれたのか、他にその女子を好きな男子がいたのか発端を詳しくは知りません。

小学校5年生の頃には兄はクラスでイジメられるようになりました。

 

イジメのグループは5人くらいの男子のグループでしたが、みんな近くの工場(?)の息子でした。

当時近所には車の整備工場やらなんやらそんな感じの施設が多くあり、たまたまその息子達が同じ学年でグループになったようでした。

 

僕は兄と4つ学年が離れていたので、兄が卒業するまでの2年間は同じ小学校に通っていたのですが、僕もよく巻き添えにあいました。

 

兄は僕の目の前で土下座させられたり、僕も兄の目の前で殴られたり蹴られたりしました。

兄は僕が殴られたりした時は暴れて抵抗しましたが、5人や6人相手では何の意味もありませんでした。

兄はいつも僕に「ごめん」と言っていました。

僕はイジメのグループを許せなかった。

 

殺してやりたかった。

 

 

当然、両親は学校に文句を言いました。

しかし、担任は新任の若い女性教師で、オロオロするばかり、という感じでした。

悪い人ではなかったように記憶していますが、結果として、兄には何の助けもありませんでした。

 

ただ、それでも小学校まではまだマシだった。

イジメをする側も小学生です。僕も殴る蹴るの暴行をされましたが、目立ったケガをするレベルではありませんでした。

 

 

状況が悪化したのは中学に上がってからです。

僕の学区の小学校と中学校はすぐ隣に隣接して建っており、小学校を卒業するとみんな当然のように隣の中学校に進学するのです。

 

ただ、マドンナの女子は受験をして、別の私立中学に進学したようですが。

 

 

 

中学に入ってからは兄へのイジメは本格化しました。

 

兄は授業中にいきなり殴りつけられ、失明しかけた事もありました。

授業をうけていて、何の前触れもなく後ろから殴りつけられる。こんな事が日常化していたのです。

 

両親は当然、学校に文句を言いました。

最初は教師もイジメの生徒に注意などをしていたようですが、それがイジメを助長しました。

 

イジメグループはみんな、中学を卒業すると自分の親の工場で働く事になっていました。

なので、進学をするつもりもなければ、内申点などを気にする必要もなかったのです。

 

教師が全く頼りにならないと判断した両親は、警察に相談する事を考えました。

しかし、警察は何もしてくれませんでした。

学校に連絡だけして終わり、という結果だったようです。

教育委員会だかなんだか、よく覚えていませんが、そういう教師の大元のような所に相談しても同じ結果でした。

 

それが、学校側の激しい反発を買いました。

 

中学2年に上がる時には、兄はイジメグループだけではなく、教師からもイジメにあいました。

持って行った宿題をその場で破り捨てられたり、無視されるようになりました。

 

味方をしてくれる教師は一人もいませんでした。

 

その頃、兄の中学は市内でも最も荒れていると有名な状態になり、イジメグループは学区でも有名な不良グループになっていました。

教師グループは不良グループを恐れるようになり、不良グループに媚びるようになりました。

 

不良グループと教師が一緒にタバコを吸っていたり、ノーヘルでバイクに二人乗りしたり、という光景が見られるようになりました。

 

今思えば、教師も怖かっただけなのかもしれません。

何年か耐えれば、自動的に他の学校に転属になる仕組みなので、ただただそれまで不良のご機嫌をとってやり過ごそう。そう考えていたのでしょう。

 

 

ただ、そんな環境で生きている兄にとっては、本当に地獄だった。

内申点なんて当然のように最悪の数字をつけられました。

 

 

両親は、兄に「大きなケガだけはしないように」と注意するようになりました。

お腹は蹴られないようにしろ、顔を殴られる時には顎を引いて目を殴られないように気をつけろ。

 

そんな注意を、息子にしなければいけない両親はどんな気持ちだったでしょうか。

 

今思えば、そこまでして無理に通学する必要もなかっただろうと思いますが、当時はあまりそんな発想はなかったようです。

両親もそうですし、世間的に「つらい事からは逃げてもいい」とはあまり聞かれなかった。

そういう時代でした。今逃げれば、高校にも進学できず、本当に先が無くなる。

そう考えていたのだと思います。

 

 

僕は当然のように中学受験をする事になりました。

兄の卒業後に僕が同じ中学に進学した所で、教師から目の敵にされるのは決まり切っていた事だったからです。

ただ、兄の時には殆どいなかった中学受験組が、僕が小学校6年生になる時には学年の半分くらいになっていました。

市内で最も荒れている中学に子供を進学させたがらない親が多くいたのでしょう。

 

 

僕は中学受験をし、毎日1時間半かけて私立の中学校に通学する事になりました。

兄は「受ければ誰でも受かる」事で有名な工業高校に進学しました。

 

結果的には、兄は中学のイジメの反動で、かなりうっ屈した、過激な性格になりました。

イジメの標的にされるまいと、何にでも噛みつく性格になってしまった。

 

兄がそれを不幸と感じているかはわかりませんが、僕は兄のそんな変化を心の底から喜ぶ事なんてできませんでした。

 

兄をイジメていた不良がどうなったかは知りません。

中学卒業後もそれなりに荒れた生活を送っていたようですが、親の工場に就職したのでしょう。

教師も、それなりに勤務した後は違う中学に転属されたのでしょう。

 

誰も、兄に謝罪に来たりはしなかった。

 

僕は小学生の時、彼らを殺してやりたいと思っていました。

今でも、酷い死に方をしてくれ、不幸のどん底に落ちていてくれと願っています。

 

不良やら暴走族やらに、いつまでも更生せずに悪いままでいろ、とは思いません。

反省も更生もして欲しい。

 

でも、その罪が消える事はないんです。

 

 

そんな立場の人間が、昔はワルだったなんていう事を売りにテレビで楽しそうにしている。

本当に虫唾が走ります。

 

あなたがワルだった頃、あなたが行った悪事の被害者はあなたがテレビで楽しそうにしている姿を見て、苦しい気持を味わっています。

あなたが偉そうに話をしているのを聞いて、怒りを感じています。

 

そう伝えてやりたい。

 

元ヤンキーとか元不良、みたいなタレントは消えてほしい。

死ねとは言わない。

ただ、前に出るのをやめて欲しい。

テレビに出るのを止めてほしい。

選挙に出るのを止めてほしい。

 

反省して更生したのなら、せめてひっそりと暮らしてほしい。

 

それが僕の願いです。