読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゾンビ映画で主人公がTシャツ着てるのが納得いかない

だって噛まれたらゾンビになるんですよ。プロテクトしろよやる気あんのか

映画を少しでも安く観るためにしている事

映画を観るのが好きなのですが、映画って高いですよね・・

1800円て。
アメリカだと5、600円程度って聞きましたけど、それを聞くと1800円はいかにも高い。
 
日本映画の鑑賞料が高いっていうのは10年以上前からずっと言われ続けてきた事なんで、じわじわ安くなると思っていたんですけどね。
学生1000円とか、夫婦1000円とかちょいちょい値下げキャンペーンもやるようになりましたし。
 
でも、シネコンと3D映画の登場で完全にその目は消えてしまったように思います。
「いかに安くするか」ではなくて、「いかに1800円、もしくは2000円で満足度を上げるか」っていう方向にシフトしてしまったように思います。
設備に投資しているのでもはや仕方ないですよね。
 
最近は人気がなくなった作品やロングランの作品を一つの劇場で何本も切り替えて上映したりして、極力劇場がガラガラになるのを防げるようになったようです。
 
そういう経営努力は評価するべきとは思うものの、やっぱり高いもんは高い。
 
女性はレディースデーがあっていいですね。本当に羨ましいです。これって男女差別じゃないんですか?
ねえ!?誰か!!
 
 
なんて言っても仕方ないので、どうにか安く観ようと頭を悩ませているわけです。
 
レンタルでいいじゃん、なんて言われたらそりゃレンタルの方が安く済むに決まってますけど、部屋のテレビと劇場では同じ映画でも全く別物です。
何度も観たはずの映画でさえ、リバイバル上映の機会に劇場で観たりするとテレビ画面では絶対に味わえない感動があります。
映画は可能な限り、劇場で観るべきものです。いい映画ならなおさらです。
 
 
まず基本中の基本ですけど、時間さえ許せば、毎月1日の映画の日に観るようにしています。
 
あとはレイトショーですね。
20時以降の上映は1200円で見せてくれるっていう劇場が最近は増えました。
嬉しい事ですね。
 
 
でも、やっぱり劇場に足を運ぶ機会が一番多いのは土日の、昼か夕方の回なんですよね。
レイトショーも働いてると中々時間の調整が厳しい事が多いですし。
観たい映画が昼しか上映してない事も多いですしね。
 
 
そうなると金券ショップなどで販売されている全国共通券、これを利用する機会が一番多いです。
大体が1300円なんですけど、マイナー系作品やアニメだとしばしば1500円だったりする事もあります。これは地味に腹立たしいですが。
 
 
というわけで、劇場に行く前に金券ショップで全共券買ってから指定席券に引き換え、という流れが最も多いような気がします。
もしデートで映画代を奢る時も、2人で3600円払うよりは前もって買っておいた全国共通券をスッと出せば2600円で済みますので、お勧めしたいです笑
どうせジュースとポップコーンも奢るのでしたら、出費は少ない方がいいですしね。
 
 
 
しかし、しかしですね、どうせ全国共通券を金券ショップで買うのであれば、劇場で前売り券を買っておいた方がお得な場合が多いです。
 
何故なら、前売り券には前売り特典としてちょっとしたグッズが付いてくる事が多いからなんですね。
 
 
正直、前売り特典といっても大体のパターンが「あんまりいらない・・」という物なんですが、少し待って欲しいんです。
 
というのも、前売り特典は、かなりの確率で売れるんですよ!
 
基本的に上映が始まってしまったら前売り券は購入できなくなってしまいます。
 
たまたま上映が始まってからその映画に興味を持って観に行くという人は多いと思うのですが、そういう人の中にその作品をとても気に入った、という人が一定数いて、関連グッズに興味を持つようです。
もしくは近くの劇場で上映していないので前売り券が買えない、という地方の人とかですかね。
 
多分そういう人に需要があると思うのですが、前売り特典はヤフオクで売れる事が多いんです。
 
前売り特典は作品によってピンキリで、「え、なにこれゴミじゃね?」みたいなのもたまにありますが、逆に「こんないい物が特典でいいのか?」というような物もあります。
 
最近はアニメの映画だと前売り特典に力を入れていて何種類も用意したりするので、そういう場合も全部集めたい方などによく売れます。
 
 
後は入場者プレゼントですね。
これもアニメ作品だと多いのですが、映画を観に行くと、プレゼントを貰える事があるんです。
前売り特典と入場者プレゼントをセットで出品したりすると、たまに3000円くらいで落札されたりします。
 
僕は全共券の半券をコレクションしているので自分では売りませんが、写真やイラストが印刷された半券も数百円で落札される事が多いです。
 
このあたりをセットにして出品すると、もとが取れる事は稀だとしても、計算上、一本の映画を1000円未満で観れる事が多くなります。
 
今、実際にヤフオクを見てみますと、SMAPの中居さん主演のATARUの前売り特典のクリアファイルが500円、風立ちぬの前売り特典のピンバッジが610円、まどか☆マギカの前売り特典のポスター2種セットが1700円、後はAKBの映画の特典が沢山入札されているようです。
 
あの花のポスターは1200円、空の境界のポスターも1100円ですね。
 
 
ここまでしてると、我ながら涙ぐましい努力と思わなくもないですが、前売り特典を出品する事自体は、習慣化してしまうとどうってことのない作業なんですね。
写真を撮って簡単な文章書いて出品するだけですから。
落札されてからもプチプチにくるんで封筒に入れてコンビニからメール便で発送するだけです。
 
 
ですので、この映画は観たいな、と思ったら何かの映画を観に行ったついでに前売り券を買っておくと良いと思います。
 
 
 
1800円で映画を観る事を考えたら、これだけでかなり違ってくると思います。
頻繁に映画を観る人であればあるほど効果があるのではないでしょうか。
 
 
さらに、これは条件が限られますが最近劇場によってはポイント制を導入している所があります。
 
映画を鑑賞する度にポイントが貯まっていき、一定数貯まるとポイントで映画が鑑賞できたり、グッズや売店の商品と引き換えたりできるというものです。
 
今もやっているか分からないのですが、以前は新宿ピカデリーは無料でポイントカードを配布していて、とても重宝しました。途中で鑑賞無料が6ポイントから8ポイントに上がってしまったのですが、今はどうなっているのでしょう・・?
 
よく行く劇場でこのようなサービスを展開しているのであれば、これは利用しない手はありません。
 
 
最後にウルトラCで、映画会社の株主になるというものがあります。
飽くまで株を運用を主目的にするのであれば、ついでに株主優待券が貰えたりしますが、どうせ株をやるなら映画会社も候補に入れておく、というレベルに留めておいた方がいいかもしれませんね。
僕はやらないです・・
 
 
という事で、かなりセコい話になってしまいましたが、とにかく「金がない」が口グセの僕としては、好きな映画を少しでも負担を少なく観るために、色々あの手この手で安くしようと努力しています。
 
映画が好きだけど高いなあと常日頃感じている人は、塵も積もればなんとやら、是非やってみる事をオススメします。
 
他にも映画をおトクに観る方法をご存じの方、いらっしゃいましたら是非情報を教えて下さい!
お待ちしています!!