読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゾンビ映画で主人公がTシャツ着てるのが納得いかない

だって噛まれたらゾンビになるんですよ。プロテクトしろよやる気あんのか

TIGER & BUNNY The Rising 観てきました。(ネタバレなし)

 
映画『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』予告編 - YouTube

 

タイバニ観てきました。

 

感想はですね、そうですね、普通に面白かったです。

 

面白かったんですが、まあ観に行ったものが上映されていたというか。

 

いつも通りのタイバニを見れたので満足は満足ではあるんですが、

予想を上回るでも下回るでもなく、悪く言えば無難かなあ、と。

 

結構長い期間、劇場で予告編を見せられ続けてきたので、ついに観れるか!と期待が高まりすぎていたかもしれませんね。

 

 

ていうかあれですよね。

これ終わってないですよね?!

 

テレビシリーズではついに明かされなかったウロボロスの正体が、今作で明らかになるかと思いきや、

これがまた完全スルーですよ。

 

まず間違いなく、映画をもう1本やるか2期があると思うんですが、(ぜひ2期!)

多分今作を見ていなくても、今後話についていけない事はないと思います。

 

「つなぎ」っぽい内容だったような・・・

 

 

ていうかあれですね、監督がテレビシリーズのさとうけいいち氏ではないんですね。

さとうけいいち氏は今CG星矢を作るのに忙しいという事でしょうか・・・

 

監督はTheBeginningの監督をされていた米たにヨシトモ氏なので、もしかしたらさとうけいいち氏の作り出した世界観を極力、壊さないように配慮したのかもしれません。

 

 

なんだかネガティブっぽい事を書いてしまいましたが、先にも書いた通り、「話進まねえのかよ!!」とは思ったものの、内容には充分満足できました。

 

何と言っても劇場版だけあって作画が綺麗ですよね。

桂正和氏のキャラクターデザインに非常に忠実な作画のシーンが多くあって美麗でした。

テレビシリーズはしばしば作画が怪しかったですしね・・・

 

ストーリーも、各キャラクターそれぞれに見せ場が用意されており、どのキャラクターのファンでも満足できたのではないかなあと思います。

各キャラクターごとに丁寧に描写されているので、テレビシリーズを未見の人でも、話についていけないという事はないのではないでしょうか。

ていうかファイヤーエンブレムに関してはかなり尺とってた印象ですね。

 

 

なので、オールスターのお祭りというか、これぞ劇場版、という作品だったんだと思います。

ただ反面、そうするとストーリーの方は弱くなるというか、テレビシリーズの大きな魅力であった、伏線であったり、過去の展開が後々生かされる、というような部分は弱かったように思います。捻りがないというか。

例えばクソスーツが後半で登場したり、ルナティックのマスクの手形の理由が明かされるとか、そういう感じのやつですね。

悪役達の動機も割と薄いというか、お前らその動機の割には結構な大事やぞ・・?結構死んでると思うぞ??みたいなね。

 

 

まあ、非常にストレートなストーリーですので、ストーリーを楽しむというよりは、深く考えずに好きな作品であるタイガー&バニーを劇場で楽しむ、といった見方が正解なんだと思います。

なので、タイバニファンの人はやっぱり劇場で観る方がいいと思います。

 

 

今後間違いなく作られるであろう続編では、ウロボロスの正体が明かされる事はもちろん、虎徹の能力がどうなっていくのか、ルナティックはどうなるのか、ブルー・ローズと虎徹の関係は?楓は活躍するのか??などその辺りを是非扱ってほしいですね。

 

とても好きなアニメなので、今後シリーズ化していくなら、それはそれで嬉しいですね。

楽しみです。