読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゾンビ映画で主人公がTシャツ着てるのが納得いかない

だって噛まれたらゾンビになるんですよ。プロテクトしろよやる気あんのか

聖闘士星矢 黄金魂 soul of gold 10話まで

聖闘士星矢にクダ巻くくらいしかしてないカスのようなブログですが、ついに聖闘士星矢に関する更新さえ滞ってしまいました。

黄金魂がしょーもないからイカンのやで・・・


前回の7話までの感想から、3話も進んでしまいました。

まあ細かく振り返る程の事もとくに無くてですね・・・
・リフィアが死んだ
・敵がロキだった
大まかに言ってこの2点がストーリーとしては重要なポイントでございました。

リフィアが死んだのはまあ、結構な事でございました。結局なんだったんだよこいつは。
イオリアが「リフィアアアアアアア!!」とか絶叫しとったけど、キャラが崩れるからやめていただきたい。
この女にキャラ崩す価値とか別にないよ!


とりあえずですね、真の敵がロキだったわけでありますが、これは全く捻りがなく、視聴者の割と多くは「やっぱりな」といった感じなんではないでしょうか。

いやー、しかしアニメオリジナルとはいえ、北欧神話聖闘士星矢の世界に突っ込むと違和感が凄い。
ロキてwww ってなりますね。

オーディーンは平気なんですけどね。子供の頃から見てたからかな?

後ね、Ωの時も思ったんですけど、神様に威厳が全然無いんですよ。素早く動いて後ろから蹴るとかね、いやいやいやそういうのじゃないから。
聖闘士星矢の神様はそういうのじゃないから!!!

玉座にドーンと座っててね、目力だけで攻撃を跳ね返す、そういう感じなんですよ。
その点、ロキはハシャぎすぎだと思うんです。


あとね、10話を見ていて気づいたのですが、全体的に黄金聖闘士がショボく思える原因として、神聖衣がしょっぱい、というのがあると思うんですよ。

青銅聖闘士達の聖衣が神聖衣になった際にはですね、それまで手も足も出ない相手だったタナトスヒュプノスを圧倒的に粉砕してる訳です。
相手は神様な訳で、青銅聖闘士でさえそんなパワーアップをしてるわけですから、黄金聖衣が神聖衣になろうもんなら、それは凄まじいパワーアップをしてくれないとパワーバランスがおかしくなるわけです。

なのに、いちいちしょーもないゴッドウォーリアとかに手こずって、神聖衣発動しても一緒に死んじゃったりなんかしてるわけじゃないですか。
これ、しょっぱすぎじゃないですかね?
神聖衣着た黄金聖闘士なら一人で敵の拠点制圧できるくらいしてくれてもいいと思うんですぅ!!!

この時点で気づいたんですけど、黄金魂の相手は全員神様にするべきだったと思うんですよね。
それなら黄金聖闘士が歯が立たなくてもおかしくないですし。
今さら言っても仕方ないんですけどね。


何にせよ、10話で神聖衣の黄金聖闘士がアテナ・エクスクラメーションなんてサラっとやっちゃってるんですけど、(アカンで!スタッフ!!)こんなん、ロキだろうがオーディーンだろうが一瞬で蒸発させてくれないと困るレベルですからね。


なんか名前忘れましたけど(調べる気もおこらない)、なんかリフィアを殺した人ね、お腹に穴空けられた人、あの人もなんか秘密があるみたいですね。

次回はヒルダ様も登場するようです。

あと3話ありますし、ロキを倒して終わり、とはいかない模様ですね。
魚座の神聖衣とか確かまだ出てないですしね。


文句ばっかり言いましたけど、言うほど酷くはないとも思うんですよ。
毎回楽しみに見てますしね。

スタッフの気づかいを感じるシーンも多いとも思いますし。

まだ後3話ですしね、変に捻くれず、素直に応援していきたい。
そんな感じです!