読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゾンビ映画で主人公がTシャツ着てるのが納得いかない

だって噛まれたらゾンビになるんですよ。プロテクトしろよやる気あんのか

最も好きな海外ドラマ「刑事ナッシュ・ブリッジス」

みなさん知ってます?

 
今世間で海外ドラマって言えばゲーム・オブ・スローンズ。僕もハマってます。
 
でも、一番好きな海外ドラマといえば、僕はナッシュ・ブリッジスなんです。
 
10年以上前にテレビ東京で毎週日曜昼過ぎに放送してましてね。
そりゃまあ面白いってんで、毎週録画して何回も観てたんです。当時はまだVHSだったなあ・・・
 
4、5年前にDVDがリリースされて、速攻で全巻揃えました。
 
レンタルもしてるようなので、興味ある人は是非観て欲しいです。名作ですよ!!
 
 
本作は基本的に一話完結で、主人公の刑事ナッシュと相棒のジョーが事件を解決していく形式のものです。
一話完結なので気軽に観れるのが魅力ですね。
ゲーム・オブ・スローンズもそうですけど24シリーズとかね、話が続いてるのって結構体力使うじゃないですか。
 
一話完結ドラマって貴重ですよね。
「HAWAI FIVE-O」シリーズもそういう意味で好きです。まだ見てる最中ですけど。
 
 
刑事ナッシュ・ブリッジス」の魅力はもちろん一話完結っていう事だけじゃないんです。
 
特徴は毎回一話に複数の事件が起こる事。
刑事モノなので、毎回まずは殺人事件であったり強盗事件が発生します。
でも、それだけじゃない。
その裏で、もしくはそれと並行して家庭の事件だったり、個人的なトラブルが発生したりします。
 
そういったストーリー構成のおかげで見ててダレないし、シリアスなシーンとコミカルなシーンが無理なく交わって、とても充実した内容になっているのですね。
 
 
キャラクターもみんな個性的で魅力的です。
ナッシュはサンフランシスコ警察のチームを率いていますが、シーズンが進むにつれてチームのメンバー一人一人にスポットがあたって、どんどんそれぞれを好きになるんですよね。
残念ながら退場するキャラなんかもいて、そういう時はとても切ないですね。
 
主人公のナッシュはとにかく有能な捜査官で、記憶力バツグンで手品が得意です。
人脈が豊富で、2回の離婚歴があるプレイボーイ。無意味にモテます。
最初の妻リサとの間の娘、キャシディーには甘いのが弱点です。
バラクーダという愛車を溺愛していて(大切にする事情があるのですが)、車に傷をつけられると激昂します。
ちなみにこのバラクーダ、希少価値がかなり高く、実際にメチャクチャな値段らしいですね。
 
相棒のジョーは恐妻家で金にガメつい(しかし商才はない)探偵です。一方でお人好しで面倒見がいいため、みんなに好かれています。
途中から刑事に復職しますが、刑事としての腕は確か。やる時はやる、そんなキャラです。
 
どうです?
こんな2人が主人公のドラマ、面白そうじゃありませんか?
 
映画も海外ドラマも基本的に字幕で見るタイプですが、本作はテレ東の放送から入った事もあって、吹き替えで見ています。
 
ナッシュの声優は野沢那智ジョー役が青野武と、メインの二人の声を吹き替えていた二人共が亡くなってしまいましたね・・・二人とも素晴らしい声優さんでした。
 
2人の吹替えによるナッシュとジョーの掛け合いは最高の一言です。
芸術の域に達してると断言できます。
 
 
DVDには一点難点があって、テレ東放送時に尺の都合でカットされたシーンは吹き替えの音源が存在していないんですね。
なので、吹き替えで見てるとカットされたシーンに入った途端、いきなり音声が英語に戻るんです。これは面喰らう。
でも主演の二人が故人となっては、最早どうにもなりませんね。
残念・・・!!
 
 

 

 

 

刑事ナッシュ・ブリッジス シーズン1 [DVD]

刑事ナッシュ・ブリッジス シーズン1 [DVD]

 

 

 

 

 
 
ゲーム・オブ・スローンズがひと段落したら、是非「刑事ナッシュ・ブリッジス」を見てみて下さい。
絶対後悔させませんよ!!