読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゾンビ映画で主人公がTシャツ着てるのが納得いかない

だって噛まれたらゾンビになるんですよ。プロテクトしろよやる気あんのか

好きなゲームが変わっていくという事

ゲーム
言うほどディープなゲーマーじゃないですけど、ゲームはまあまあ好きな方です。

最近もモンハンクロスで「双剣全種類レベルマックスまで上げる縛り」でプレイしてましたけど、ふとプレイ時間見て「えっ・・・300時間」とか絶望を感じる、そういう瞬間も込みでゲームが好きです。

モンハン界でプレイ時間300時間というのは、普通にプレイしてて行く感じなので、全く大した事はないレベルですね。

ちなみに双剣は「凄く風化した双剣」の3本目が死ぬほどツルハシ振っても出ず、僕の心が実際に死んだので、残り1本という所で挫折しました。


「最近モンハンクロス」と言ってる時点で全然ガチゲーマーじゃない事はお分かりいただけると思うのですが、僕みたいな浅いゲーマーは、気になるゲームを片っ端からプレイするわけには行きません。

発売日に買うゲームとなると、最近稀になってきました。

じゃあなんでモンハンは買うの?という話になると、「安心できるから」というのが個人の感想です。

新作が発売されるごとに、モンハンは色々と変わっていきます。
新しい武器が追加されたり、新しいモンスターが登場したり。
でも、根っこの部分はそんなに大きく変わらないように、凄く気を使って作られているように感じます。
昔のモンハンは良かった、とか最近はヌルゲーという声も聞きますが、シリーズ10作を超えた今でも100万本単位で売れるというのは凄い事だと思います。
今後も安心できそうであれば、きっと僕は買うでしょう。


他のゲームもそうだったらいいのに・・・と思います。

僕が生涯通して一番やり込んだゲームはバーチャファイター3だと思います。
バーチャファイターは2から本格的に始めて、3は小遣いとパン代を全て投入してやり込みました。
サターンもドリームキャストも勿論買ったし、スティックがバカになるくらい家でもバーチャをやってました。

4が発表された時は、とにかく興奮しましたね・・・

でも、僕がバーチャファイター4にハマる事はありませんでした。
人それぞれ感じ方は違うと思いますが、「別のゲームになってしまった」と強く感じました。
3に感じたソリッドなガツンガツンしたプレイ感覚が、4ではスルスルすり抜けるような薄い感覚に感じました。

ゲーセンに行っても3があれば、4ではなく3tbをプレイしていました。

しかし、やがてゲーセンには足を運ばなくなり、以降バーチャファイターはプレイしていません。



バーチャファイター以外ではシャイニング・フォース3というセガサターンシミュレーションRPGゲームがあり、僕はとにかくこのゲームが好きで10周くらいプレイしました。

今後に含みを持たせるようなエンディングで、4の発売を何年も何年も待っていたのですが・・・

僕のようなファンは稀だったのかもしれません。

シャイニング・フォースシリーズはその後シミュレーションRPGですらなくなってしまいました・・・


バーチャファイターにしろシャイニング・フォースにしろ、結果的に新しいファンが獲得できたり、シリーズが長く続いていけば、それが正しい事なんだと思います。
でも、それまでの作品が好きなファンは静かにいなくなるんですよね・・


ファイアー・エムブレムというゲームがあります。
シャイニング・フォースシミュレーションRPGが好きになった僕はすぐにFEも好きになり、シリーズで考えればむしろFEにより金と時間を費やしたと思います。

FEシリーズの特徴は、重厚なストーリーと一度死んだキャラは基本的に2度と生き返らないというゲームシステムだと思います。

だから、キャラが死んでしまった時には基本的にはリセットします。リセットが嫌なので、どう転んでも死なないように詰め将棋のようにキャラを配置し、武器やアイテムを持たせ、それでも2%とかのクリティカルを食らって、2時間費やしたマップを初めからプレイする事になる。
そういう部分がFEシリーズの魅力です。

しかし、近年のFEではキャラは死んでも生き返ります。
コンフィグ設定で生き返らないようにもできますが、それは全く話が違う問題です。

作り手が、ファンにとっては「ブレて欲しくない」と感じていた部分を変えて来たという事は、タイトルにファイアー・エムブレムと冠しているだけで、全く別のゲームになってしまったという事です。
根っこが変わったのです。

実際、FE覚醒は酷い出来でした。
ゲームとして酷いとは決して思わないですが、FEとして期待していた物、という意味ではとても好きになれませんでした。

僕はもうFEをプレイする事はないでしょう。

でも、バーチャやシャイニング・フォース同様、作り手は色々考えての決断だという事はわかりますし、変わらず楽しんでいるファン、新しくFEを知って好きになるファンもたくさんいるでしょう。


要するに、僕のようなファンはゲーム会社から必要とされない層、という事なんだと思います。


仕方ないとはいえ、これはとても寂しい話です。


思えば、バイオ4がそれまでのシリーズのファンにとってそういう作品だったのかもしれません。

バイオ4はそれまでのキャラを俯瞰から操作するシステムを4で一新し、新たなファンを獲得しました。
僕もそれまでのシリーズは一応プレイしていたものの、4で改めてドップリとハマり、5の発売日に合わせてPS3を購入した程でした。

でも、僕にとっては紛れもなく神ゲーだったバイオ4もそれまでのシリーズを愛していたファンを深く失望させたのかもしれませんね・・・
根っこが変わったどころの話じゃないですからね。

ちなみに、バイオ4はGC版とPS2版、PS3版を購入するくらい好きなゲームとなりましたが、その後5と6は4を越える事はありませんでした。
なぜ完成されていた4のシステムをいじってきたのでしょうか・・・7が発売されても、発売日に買う事はないでしょう。

そんな中、やはりモンハンは凄い。
根っこが変わらない安心感があります。

あとはアンチャーテッド、3まではとにかく楽しくプレイしましたが、まさかvitaとPS4で続編を出してくるとは・・


根っこが変わらなくても、ハードが変わると困りますね。

モンハンは根っこもハードも変わらないよう、次回作も期待したいです。