ゾンビ映画で主人公がTシャツ着てるのが納得いかない

だって噛まれたらゾンビになるんですよ。プロテクトしろよやる気あんのか

ジュラシック・ワールドめっちゃ面白いやん

ジュラシック・ワールド (字幕版)

 

なんなんコレめっちゃ面白い。

これぞエンターテイメント。これぞハリウッドムービー。

 

惜しむらくは、劇場で観たかったですな。

Amazonプライムビデオで観たのですが、先日のターミネーター新世紀に続き、いきなりこんな大作をぶっ込んで来るとは。

どうしたAmazon。最近態度悪いからヨドバシ.comに行きがちだけど、また応援しちゃうぞ。

 

ジュラシック・ワールドはもう単純にパニック・ムービーとして面白いんですけど、一作目のジュラシック・パークに対するセルフオマージュが随所に散りばめられていて、そういうファンサービス的な要素も興奮ポイントとして大きかったです。

迂闊な馬鹿や調子乗った馬鹿はすぐ恐竜に食われるといつトコロも一作目から変わってないですし、基本的なストーリーは一作目の焼き増しみたいなもんだと思います。

 

恐竜を見世物にしたら大ヒットで客がめっちゃ来た、恐竜が逃げ出した、必死に逃げる人間、パニックパニック!

ラスト、なんとか助かった!一安心!みたいなね。

 

ただ、焼き増しではあるものの全然退屈や古さは感じさせず、却って押さえるツボを押さえてくれてる安心感を与えてくれたと思います。

結局、普通の人間が恐竜に勝てっこない以上、人間は一方的に襲われて、隠れて逃げて、といった要素は変えようがないですもんね。

 

とはいえ、パーフェクトな映画だったかと言えば、観終わって振り返ると実はそうでもなくて、粗は結構あったようにも思います。

 

キャラクターは個々にあまり掘り下げられておらず、なんだか登場する恐竜も少なく感じました。

出てきても短時間ヤられ役に出てきてるだけだったりね。

恐竜映画というよりは、インドミナス・レックス一頭に焦点を絞った感じがしたのは残念でした。

もうちょっとジュラシック・ワールドの世界の描写をしてくれてても良かったような気はしますね。

後は悪役が馬鹿すぎて、リアリティがない。リアリティがないレベルの馬鹿。

ラプトルの軍事利用をしつこく主張するんですけど、どう考えてもまだそんな段階にないって事は一目で分かるはずなんですけどね。

 

今回独自の要素でとても良かったと思うのは、一作目で悪者扱いで描かれていたヴェロキラプトルティラノサウルスの扱いですかね。

もちろん恐竜に善者も悪者もないんですけど、まあストーリー的な意味で。

 

 

そもそも主人公は助かって良かったね、なんですけど、ジュラシック・ワールドこの後どうするの?っていう部分が全然片付けられてなくて、続編作る気なのかわかりませんが、ティラノサウルスがガォー!っつって終わりなんすよね。

 

続編は作られるのかもしれませんが、ストーリー上はもう恐竜を使ったアトラクション、みたいな事は出来ないでしょうね。

2回もこんな大事故を起こしたら、3回目はありえない。

この島をどうしよう?って話になるのかもしれませんが、上空からナパームでもぶっ放した方が現実的な気もしますし、どうするんでしょう。

 

 などと、ストーリーに関する文句は多少あれども、見てる最中は全然気にならないですし、頭を空っぽにして見れる、メッチャ面白いエンターテイメントである事は間違いないです。

 

プライム会員の人は迷わず観て損は無い作品だと思います!

ドキドキワクワクできますよー