読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゾンビ映画で主人公がTシャツ着てるのが納得いかない

だって噛まれたらゾンビになるんですよ。プロテクトしろよやる気あんのか

「ホビット 思いがけない冒険」を観ました


映画『ホビット 思いがけない冒険』予告編 - YouTube

 

 

これ、劇場に観に行こうとしてたんですよ。

でも、中々予定が合わず結局見る事ができませんでした。
 
何しろ170分もあるんです。
会社帰りにみる、なんて事がまず出来ない。
2Dやら3Dやら入り乱れていて、上映スケジュールも際どいし。
なんだかんだしているうちに上映が終了してしまいました・・
 
やっとレンタルで観たのですが、やっぱり面白い。
劇場で観るべきでした。
 
次回作は劇場で観ます。
 
いずれ発売されるであろうスペシャル・エクステンデッドエディションは必ず購入します。
(7/31 追記)スペシャル・エクステンデッドエディション発売しますね!
速効予約しました!
 
 
ロード・オブ・ザ・リングの一作目が導入にかなり時間を使った事もあるので、ホビットもそんな感じなんだろうな、と若干テンションが低めだった事は事実です。
 
でも、よく考えたら「ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間」もナズグルが出てきたあたりから緊迫感も出てきましたし、バルログとか凄かったですし、クライマックスのボロミアの闘いとか十分面白かったです。
 
二つの塔」と「王の帰還」がよりテンションが高かまる内容だっただけで、十分傑作だったんですよね。
 
本作も、やはり序盤は導入です。
盛り上がるのは中盤以降なのですが、本作の魅力はストーリーだけではありません。
 
僕はホビットの冒険の原作を読んでいないので原作を忠実に再現しているだけなのか、ピーター・ジャクソンのサービスなのかは分からないのですが、本作にはロード・オブ・ザ・リングとのリンクが数多く描かれているのです。
 
 
ガンダルフはもちろんケイト・ブランシェット演じるガラドリエルや、ヒューゴ・ウィービング演じるエルロンドも登場します。
 
また、本作の主人公であるビルボ・バギンズがいかにしてゴラムから指輪を奪い取ったかが描かれます。
 
フロドも登場しますし、サルマンも登場しますが、ロード・オブ・ザ・リングを観た人はその後のストーリーを知っているわけで、思わずニヤリとしてしまうシーンとなっています。
 
また、アングマールの魔王やエルフとドワーフが不仲になった理由なども語られ、前三部作を観たからこその楽しみが本編にふんだんに散りばめられているんですね。
 
また、前三部作と比較してフロドのポジションがビルボであるなら、アラゴルンのポジションにはドワーフの王トーリンというキャラクターがいるんですが、何故か彼がイケメンなんですね。ドワーフなのに。
 
アップだとイケメンなのにロングだと短足。シュールです。
 
相変わらず度肝を抜かれる風景。壮大なBGM。
ロード・オブ・ザ・リングのあの世界にまた帰って来れたんだなあ、というとても幸せな気持ちを味わうことができます。
 
本シリーズ「ホビット」も、ロード・オブ・ザ・リング同様、2作目3作目とパワーアップしていってくれる事でしょうし、今から12月の「スマウグの荒らし場」がとても楽しみです。
 
 
 

ホビット 思いがけない冒険 エクステンデッド・エディション (5枚組/3D本編付) (Amazon.co.jp限定 映像特典ディスク付) (初回限定生産)[Blu-ray]

 

ロード・オブ・ザ・リング エクステンデッド・エディション トリロジーBOX【Blu-ray】